第67回:故障HDDからのデータ救出

本日ご紹介するのは、HDD(ハードディスク)からのデータ救出です。

データ救出ってどういう事!?

2017-03-15-01.png

一般的に、パソコンで作成した様々な文章や表などのデータ、写真や動画のデータ、あるいは年賀状ソフトや会計ソフト等のデータベースは、パソコン内のHDD(ハードディスク)と呼ばれるところに、すべて保存されています。
そのため、パソコンの電源を切っても、データが消えることなく、また使う事ができるのです。

ただ厄介な事に、このHDDには寿命があります。(精密機械なので当たり前なんですが、、、)
使い方にもよりますが、一般的には3年~4年程度と言われています。(SSDでも、あまり大きくは変わりません。)
ですので、寿命、あるいは落下などの衝撃による破損があれば、HDDのデータは読み書きができなくなります。その時に、大切なデータを新しいHDD等に復元する事をデータ救出と言います。



HDDの故障って具体的にどういう状態!?

2017-03-15-02.jpg

大きく分けて、論理障害と物理障害に分かれます。

論理障害
 「ファイルシステム」が破損、、、つまりデータファイルを正しく読み取れなくなった状態
 (MBR損傷、ディスクチェック画面が出るなど、巡回冗長検査(CRC)エラーなどがこれに当たります。)

物理障害: 
 HDDは、「データを格納する部品」や「データを読取る部分」、「制御している基盤」など様々な部品から構成されています。これらの何れかが物理的に壊れた状態
 (磁気ディスク(プラッタ)面損傷、磁気ヘッド故障、基盤故障などがこれに当たります。)

また、障害程度により、軽度/中度/重度などと分類されます。

例えれば、本棚です。
データを本、本を入れている棚をHDDそのものとすると、
論理障害の場合、本自体が破れたりして読めなくなった状態です。
物理障害の場合、棚(HDD)が壊れているので、本そのものを探したり、片付けたりする事が一切出来なくなった状態です。



HDDが故障したらデータは救出できないの!?

2017-03-15-03.png

壊れた状態によるので、診断して見ないと、どちらとは言い切れません。
ただし、経験上、自然故障の場合、ある程度までは救出できる可能性が十分にあります。
(保障は出来ませんが、あくまで今までの経験上です、、、あしからず)



どうやって故障したHDDからデータを救出するの!?

2017-03-15-04.jpg

一言でいうと、HDDの電源を入れずに、何もせずに、業者に依頼して下さい。
電源を入れる事で、今の状態がより一層悪くなり、データ救出が出来なくなる可能性が、グゥ~ンと上がるからです。

良くあるケースが、自動スキャンのメッセージが出てきたため、慌ててスキャンしてしまうことがありますが、論理障害の場合、セクタ不良といったデータ破損部分が、自動修復の様なスキャンを行なってしまう事で、余計にデータを壊してしまいます。
また、物理障害の場合、データを読みとるヘッダー部分が、データを記録しているプラッタ面を物理的に傷つけ、データそのものを読み取れなくしてしまう事があります。
ですので、パソコンが起動しないとかデータが開けないといった場合、専門業者に依頼した方が、一番良いです。

ちなみに弊社では、壊れた状態により、以下の様に対応しています。

 論理障害の場合: 弊社で対応しています。
 物理障害の場合: 弊社と提携しているHDD復旧専門会社と連携して、対応しています。


蛇足ですが、弊社でもHDD救出に必要な機材を、今年また刷新しました。かれこれ3世代目となり、
対応容量も10TBを超えてきました(*´▽`*)
データ救出だけでなく、バックアップ目的のHDD複製やHDD消去などでも、大いに活躍してくれる、、、ハズです。



HDDの故障って、壊れる前に分からないの!?

故障の予兆は、ある程度は分かります。
例えば、以下の症状に当てはまる場合、故障の始まりと考えて、何かしらの対策を考えた方が良いです。


 ・HDDから異音がする。(カタカタ、ブーン、ガリガリ、カラカラ、、、など今までしなかった音が鳴り始める。)
 ・Windowsの起動に失敗する。
 ・Windowsが勝手に再起動する。
 ・頻繁にフリーズ(画面が固まる)する。
 ・ファイルの読み書きに失敗する。あるいは時間が掛かるようになる。
 ・HDDのスキャンディスクを頻繁に要求される。
 ・HDDのフォーマットを要求される。
 ・S.M.A.R.T.情報を見て確認する(専用ソフトが必要です)




データ救出を依頼したいけど中身を見られないか心配、、、

2017-03-15-06.png


よくあるご質問ですが、弊社では基本的にHDDの中身までは見ません。
もちろん、復旧後に確認の意味で、上位階層のフォルダ構成や、サンプルデータを確認して頂く事はあります。また、○○フォルダにある★★ファイルが復旧できたか確認して欲しいとご依頼があれば、確認します。
ですので、基本的には見ませんし、必要があれば最小限にとどめていますので、ご安心下さい。

ただ、心配だから出張で来て行なって欲しい、、、は無理です。
データ救出は、診断だけでも1日から数日、長いと1週間以上掛かりますので、お預かりで承っております。
何卒ご了承下さい。


最後に

HDDは消耗品です。いつか必ず壊れます。
ですので、HDDは壊れる前提で、データのバックアップを日頃から行って下さい。
それさえ忘れなければ、データ復旧なんて、あまり心配しなくても大丈夫なんです(´・ω・`)


【宣伝・・・(*´ω`)】

タイトルロゴ3

 弊社では、個人様向けでも企業様向けでも、パソコン修理から、パソコン設定、パソコンの使い方、LAN環境構築、ソフトウェア開発まで、様々な実績がありますので、困ったことがあれば、お気軽にご相談下さい。

テーマ : パソコン修理・サポート
ジャンル : コンピュータ

[.Net]DateTimePickerでエラー

久しぶりに、プログラミングネタです。
【VisualBasic .Net 2012】

2017-02-01-01.jpg


DateTimePickerを使っている時、以下の様なエラーになる場合があります。

Year、Month および Day パラメーターが表現できない DateTime を示しています。

2017-02-01-02.jpg


多分ですが、CustomFormatで、"yyyy/MM"の様な日付を表示しない場合に起こります。
具体的には、月を変更した際、変更前の月の月末日が、変更後の月の月末日に存在しない時に起こります。
例えば、2016年3月(内部では31日) ⇒ 2016年2月(内部では31日のまま!?) といった場合です。

私の場合、Changeイベントをハンドリングできなかったので、DateTimePickerの派生クラスを作り、その中のChangeイベントで対応しました。

2017-02-01-03.jpg
①DateTimePickerのユーザコントロールを作って、、、


2017-02-01-05.jpg
②Changeイベントで、日付を明示的にプラスマイナス1するだけです。

Public Class NewDateTimePicker
Public Sub New()
AddHandler ValueChanged, AddressOf DateTimePickerEx_ValueChanged
Value = DateTime.Now
CustomFormat = "yyyy年MM月"
Format = System.Windows.Forms.DateTimePickerFormat.Custom
End Sub

Private Sub DateTimePickerEx_ValueChanged(sender As Object, e As EventArgs)
Value = Value.AddDays(Value.Day * -1 + 1)
End Sub
End Class



2017-02-01-04.jpg
③後は、既存のコントロールを置換えるだけでOKです。



2017-02-01-06.jpg
全然関係ないですが、.Net2012と2016、併用するのが細かいところで少し面倒、、、ショートカットとか違ったりするし、、、(´・ω・`)



【宣伝・・・(*´ω`)】

タイトルロゴ3

 弊社では、個人様向けでも企業様向けでも、パソコン修理から、パソコン設定、パソコンの使い方、LAN環境構築、ソフトウェア開発まで、様々な実績がありますので、困ったことがあれば、お気軽にご相談下さい。

テーマ : パソコンサポート
ジャンル : コンピュータ

2017年 新年のご挨拶

2017-01-01-01.png

新年明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします!



お陰様を持ちまして、弊社は今年 創業6周年目を迎えることができました。
これもひとえに皆様とのご縁とご支援とご厚情の賜物と、大変感謝しております。


【今年の抱負】

2017-01-01-02.png

ご存知の通り、世界のIT事情は、日々進化しており、パソコンや携帯、タブレットだけではなく、クラウド技術やウェアラブル機器を中心とした、新しい利用形態も進んでまいりました。
さらに、2016年はVR(Virtual Reality)元年と言われるように、様々なVR機器が出て、あるいは大幅なバージョンアップをして、世間をにぎわせています。(弊社でもいくつか試験的に購入したので、今度レビューします、、、時間があったら、、、)
また、ドローンを使った無人配達や自動運転技術と言った、少し前まではドラえもんの世界の様な事が、次々と現実的になってきています。
あまりにも進みすぎて少し怖い気もしてしまうかもしれませんが、これらを上手に組合わせて活かしていく事で、今までできなかったこと、難しかったことが、より身近に簡単にできるようになります。
少し大げさに言うと、自分の人生、会社の在り方を、今までよりも豊かにしていく事ができます。
これこそが、弊社の目指している 「ITをもっと身近に」 になります。





今年も、IT技術を積極的に利用している個人様/企業様へのサポートだけでなく、これからIT機器を導入し活かしたい、デジタルの世界に一歩足を踏み入れたい、そこから新たな可能性を探っていきたいという方々にも、弊社の技術とサービスで、全力サポートしていきたいと考えております。



2017-01-01-03.jpg


チョット語弊があるかもしれませんが、、、

IT世界が進んでいっても、電子データの基本的な仕組み、OSの構造、ソフトウェアに求められる役割(概念)は、根本的には変わっていません。(と思います(^^;))

変わってきたのは、電子データを活かすデジタルデバイスやソフトウェア/アプリとそれらに備わっている機能が増えたことで、利用方法が多種多様になってきた事だと考えています。

例えば、音楽を聴くだけでも、一昔前はCDを購入してパソコンで再生するという事が、今では、CDに限らず、インターネット上で購入したり、友人と交換したり、自分でDTMソフトで作ることが可能になりました。また、複数のデバイスで、同じ音楽データを共有するといった事もできます。また聞き方も、Bluetoothといった無線で聞く、自宅の音楽データを外出先で聞く、、、と挙げたらきりがありません。つまり、音源の

電子データを活かすデバイスや方法が、一昔前とは比べ物にならないくらい増えてきている

と言えます。



ただ、これから始める人にとっては、

入り口があり過ぎて、混乱するのではないでしょうか?

選択肢が多すぎて、自分がしたいことをするのに、何を選べばよいのか、どの方法が一番良いか、スタート地点から悩んでしまうと思います。そんな時に、自分に最適な方法でサポートしてくれる存在が必要になります。
パソコン教室では、ソフトウェアの使い方を教えてくれます。電気屋さんでは、デバイスの取扱い方法を教えてくれます。
でも、それらを組合わせて、自分にとって自社にとって、最適な方法を一から一緒になって考え、サポートしてくれるところは、なかなかありません。(大企業様であれば、専門部署やサポート企業がありますがね)




2017-01-01-04.png


そこで、弊社では、、、

個人事業で行なっている弊社だからこそ、個人様でも中小企業様でも、最も近い目線で、同じ目標を共感しながら、最適な方法で、リーズナブルな価格で、お客様に密着したITサポートが行える

のだと考えております。
同じ人間が最初から最後までサポートさせて頂くので、相手の顔が見える、安心して聞ける、頼みたい時に頼れる、、、そんなITサポーターとなり、皆様の力になれるよう、日々精進してまいります。


【事業紹介】

年頭に当たり、改めて弊社の事業内容をご紹介させて頂きます。
一言で言えば、「ITトータルサポート」です。具体的には、

パソコンサポート(個人様~個人事業主/法人様まで)
 ・・・パソコン修理/データ救出/トラブル対応/パソコンなどIT機器の購入/買換え/初期設定/パソコン教室

ITサポート(主に個人事業主/法人様向)
 ・・・社内IT化相談、ソフトウェア開発(改修)/サーバ構築/VPNネットワーク構築
    /バックアップシステム構築/ホームページ作成/ブログ作成など


お客様からは、「パソコン屋さん!」、「ホームページ屋さん!」、「先生!」、「あおいちゃん!」
なんて呼ばれることもありますが、ITに関わる事であれば、基本的にどんなことでも行っております。
またどんなお客様でも対応しております。
パソコンやIT、インターネットでお困りの事、お悩みがありましたら、ご家庭の事でも、社内の事でも、ぜひお気軽にご相談下さい。


皆様のご健康とご多幸を、心よりお祈り申し上げます。
今年も、どうぞ宜しくお願いいたします。



【宣伝・・・(*´ω`)】

タイトルロゴ3

 弊社では、個人様向けでも企業様向けでも、パソコン修理から、パソコン設定、パソコンの使い方、LAN環境構築、ソフトウェア開発まで、様々な実績がありますので、困ったことがあれば、お気軽にご相談下さい。

テーマ : パソコンサポート
ジャンル : コンピュータ

第66回:病院内でWi-Fi環境構築

本日ご紹介するのは、ある病院でWi-Fi環境を構築して欲しいというご依頼です。

何で病院内でWi-Fi環境!?

患者様の治療する部位を、写真に撮ってそのままディスプレイに表示して、患者様にご説明するためだそうです。
今までは、写真を撮った後、カメラからSDカードを抜き、パソコンにセットして、フォルダを開いて、、、一回一回かなり手間暇掛かっていたそうで、もっと簡単に出来るようにしたいという事でした。

2016-12-20-01.jpg


どうやって実現したか!?

仕掛けは簡単で、カメラにセットするSDカードを、EyeFiに変更し、撮影と同時に、院内パソコンに表示されるようにしました。
これは、EyeFiを利用すると、SDカードのデータをリアルタイムに、Wi-Fi経由で転送する事ができます。

ちなみに、SDカードの内容を転送するとき、FlashAirEyeFiの選択肢があると思いますが、今回は治療中の手袋を外すことなく、自動で行ないたいというご要望で、EyeFiを選択しました。


Wi-Fi環境は新たに構築

Wi-Fi環境は、新たに構築しました。病院の建物構造が特殊な構造だったので、アクセスポイントの設置場所に苦労しましたが、何とか設置が終わり、以前に比べて作業効率が上がったと、ご好評を頂きました。

2016-12-20-02.jpg

2016-12-20-03.jpg


【宣伝・・・(*´ω`)】

タイトルロゴ3

 弊社では、個人様向けでも企業様向けでも、パソコン修理から、パソコン設定、パソコンの使い方、LAN環境構築、ソフトウェア開発まで、様々な実績がありますので、困ったことがあれば、お気軽にご相談下さい。

テーマ : パソコン修理・サポート
ジャンル : コンピュータ

Windows7リカバリ後のWindwosUpdateが上手くいかない件

この手の記事にはお決まりですが、あくまで自己責任で行なって下さい!
下記の方法を試して、どのような結果になっても、当方で責任は一切負えませんので!!(´・ω・`)


2016-12-01-01.png


というわけで、、、今年の春ぐらいから、Windows7をリカバリ後に、WindwosUpdateがすんなりいかなくなりました。
この件については、様々なサイトで詳しく説明しているので、あえて同じことをくどくどと書くつもりは無いです。

じゃあ何で書いたのか!?

弊社でも、今年だけで何十台もリカバリしてきました。
そうすると、大体あるパターンで治ります。
他のサイトで書かれている内容は、丁寧にあらゆるパターンを網羅してくれているので素晴らしいので、
こうすれば大抵の場合、上手くいくよ~的なサイトがあっても役に立つのかなと、、、
ただし、あくまでも参考レベルに読んで下さいね。責任は取れませんので(´・ω・`)


具体的にはどうするの?

[大前提]

 HDDもインストールメディアも正常であり、BIOS設定も正しい事。


[Windows7 ServicePack1適用前の場合]

まずは、下記サイトより、Windows7 ServicePack1を適用させて下さい。
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-7/sp1/default.aspx

通常は、リカバリ直後でも適用できますが、SP1適用前となると結構古い機種なので、最近のHDDに交換した場合など、ドライバが無い(AFT(アドバンスド・フォーマット・テクノロジー)非対応)ために失敗します。そんな時は、ドライバを入れてあげましょう!
https://downloadcenter.intel.com/ja/download/22194

他にも、UEFIブートしてGPTでディスクフォーマットしちゃったとか、パターンは色々ありますけど、長くなるので割愛(;´∀`)


[Windows7 ServicePack1適用後の場合]

以下の4つのファイルを、順番にインストールします。

1.KB3050265のインストール
  32bit: https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=47352
  64bit: https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=47351

2.KB3020369のインストール
  32bit: https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=46827
  64bit: https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=46817

3.KB3138612のインストール
  32/64bit: https://www.microsoft.com/ja-jp/download/search.aspx?q=KB3138612

4.WindowsUpdateAgentのインストール
  32/64bit: https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/949104

ファイルを実行して、確認中が5分以上続いた時は、サクッとあきらめて再起動後、4番を先にインストールして見て下さい。
上記のやり方で、10台中、7,8台は上手くいくと思います。(あくまで自分の経験なので、根拠は無いです)
このやり方で上手くいかない場合、是非弊社にお任せ下さい。
くれぐれも、上手くいかないからと言って、やり方教えてぇ~とか聞かないで下さいネ♪( ̄▽ ̄)


これで終わりではないですヨ!

当然ですが、WindowsUpdateはこれで終わりではありません。
上記の方法は、WindowsUpdateが正常に始まらない時に、事前に行う準備です。
WindowsUpdateが正常に動き始めたら、適用できるアップデートをすべて行い、
最新版にして下さいね。


【宣伝・・・(*´ω`)】

タイトルロゴ3

 弊社では、個人様向けでも企業様向けでも、パソコン修理から、パソコン設定、パソコンの使い方、LAN環境構築、ソフトウェア開発まで、様々な実績がありますので、困ったことがあれば、お気軽にご相談下さい。

テーマ : パソコン修理・サポート
ジャンル : コンピュータ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
プロフィール

ITLife

Author:ITLife
システム葵新井聡太です。
東京都東村山市に生まれ、ここで育ち、ここで結婚し、システムエンジニア一筋で十数年やってきました。
ここでは主に、パソコンを中心にITに関わることを備忘録として残していきたいと思います。
少しでも来ていただいた方のお役に立てたら幸いです。
m(_ _)m

p.s
ここで紹介している内容は一例です。すべては、自己責任でお願いします。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
訪問数
月別アーカイブ
リンク