第26回:一体型パソコンの液晶パネル交換について(液晶パネルの輸入バージョン)

こちらの記事をお読みの方へ
 こちらも併せてご覧下さいませ m(__)m  2014年1月17日


本日ご紹介する内容は、とある個人様から、、、
結論から言うと、液晶パネルの交換なのですが、いつもと多少異なりました。

【ご依頼内容】
 購入したばかりの一体型パソコンの液晶パネルを割ってしまった為、修理して欲しい。

【お仕事内容】
 パソコンは、「SONY VAIO VPC-J248FJ/B」 です
 お話を聞くと、パソコンを設置している最中に誤って倒してしまい、液晶パネルが割れてしまったそうです。
 ○マダ電気のオリジナルモデルらしく、購入店やSONYにご相談したらしいのですが、4~5万円前後かかると言われたそうです。
 購入したばかりなのにサポート保障で直らず、購入金額の半分近く掛かるのは!?、、、ということで弊社に相談して頂いたそうです。

状態を確認!
 電源を入れると、確かに割れています。誰が何と言おうが、液晶パネルの交換が必要です。
 2012_10_31_01.jpg

分解して液晶パネルを取出し!
 裏側から開けていきます。
 とりあえず、メモリとHDDだけはアクセスし易くなっています。
 2012_10_31_02.jpg

 こんな感じですぐに取れます。
 2012_10_31_03.jpg

 一見するとあれ!?と思ったのですが、光学式ドライブもこの状態で取外せます。
 (ネジが多すぎて、最初はよくわからなかったデス)
 2012_10_31_04.jpg

 この状態から、外側のネジを8本ほど外すと、フロントパネル側を開けることが出来ます。
 開いてしまえば、後は見てわかる感じなので端折りますが、液晶パネルがLCDケーブル以外にも、
 下側に小さいケーブルが繋がっているので、分解する際はご注意下さい。
 2012_10_31_05.jpg

 、、、最初、どこを外せば液晶パネルに辿り着くのかわからず、マザーボード取外し直前まで、分解してしまいました。お蔭で勉強になりましたが、、、
 2012_10_31_06.jpg

液晶パネルの型番を調査!
 これが苦労して取出した液晶パネルです。なんだかんだで1時間位かかってしまいました(+_+)
 2012_10_31_07.jpg

 裏側を見ると、型番がしっかり記載されています。
 この型番が判れば、液晶パネルを探すことが出来ます
 2012_10_31_08.jpg


一体型の液晶パネルは探すのが一苦労(>_<)

 Symbol-Delete.png
 まずは、取引先業者様にお問合せします。
 でも、一体型の液晶パネルを扱っているところは、ありませんでした。(もしくは、入荷予定なし)
 早々上手くいきません。

 Symbol-Delete.png
 次に探したのが、オークションや中古ショップなどなど。
 地元から秋葉原まで、あちこち探しましたが、影も形もありません。
 一体型パソコンの上、発売中モデルということもあれば、当然なんでしょうけど、、、

やっぱり海外!?
 Symbol-Help.png
 というわけで、海外オークションに目を向けると、、、有りました!
 アメリカとヨーロッパで数件、、、
 海外という事で不安も色々尽きないのですが、とりあえず見つけられたことに安堵しつつ、
 トライしてみます。がっ! 即決で先を越されたり、海外未対応などで、あえなく撃沈(+o+)

海外に救いの神が!
 Symbol-Check.png

 もう必死です。後が無いので、何が何でもと探しているうちに、ある会社に辿り着きました。
 その業者様は、海外から現地調達し、日本に(弊社に)送ってくれ、しかも担当の方が日本人と、
 まさしく救いの神様です(笑)
 というわけで、早速コンタクトを取って、詳細をご説明し、依頼すること約1週間弱、見付けてくれました!
 早々に購入手続きに入る事に、、、ちなみに海外からだと色々とコストが掛かります。
 ・商品価格
 ・消費税
 ・仲介業者手数料
 ・弊社手数料

 の他にも、
 ・相手先国内配送料
 ・相手先国内配送保険料
 ・相手先国内消費税
 ・相手先→日本/国際配送料
 ・関税
 
 それでも、今回の場合、海外からの方が、国内メーカーよりは安く済みます。
 (というか国内では入手できませんでした。)
 期間的には、発注から手元に届くまでに2週間ほどかかりました。


無事に液晶パネル交換終了!\(-o-)/
 
 電源を入れるまでは、不安もありました。点かなかったらどうしよう!?、粗悪品だったらどうしよう!? などなど。
 でもこの通り、無事に復活することが出来ました。
 (もちろん、デバイスマネージャや設定など確認しましたが、問題ありません)
 2012_10_31_09.jpg


【作業期間:1か月近く(!?)、お会計:¥29,960】
 ・基本料金   :¥980
 ・液晶パネル交換:¥4,000-
 ・液晶パネル  :¥24,980-
 となります。
 当初の予定より、グッと抑えることが出来ました!
 (ちなみに、価格は、同じ商品でも、購入時点のレートなどにより変動します。
  お問い合わせ頂いても、実際に購入するまで価格は確定できませんので、予めご了承下さい)


ご利用ありがとうございました!


蛇足:その壱
 一体型パソコンは、デスクトップパソコンと言えばそうですが、部品の入手については、扱いはノートパソコンと同じです。
 メーカー毎に、機種型番によって、すべてメーカーオリジナルで、市販品の代用が無理です。
 (メモリやHDD、光学式ドライブは除きます)
 また、ノートパソコン以上に、流通ルートに入ってこないので、部品の入手が非常に困難です。
 一体型パソコンを購入される際は、是非メーカーサポートに入ることをお勧めします。


蛇足:その弐
 上でも書きましたが、部品を国内で調達できない場合、海外から仕入れることになります。
 ですが、海外からとなると、配送時間と送料(については、上で書いた通りです)が掛かる上に、
 ・トラブルが起きた際の対応が困難である。
 ・偽物をつかまされる場合がある。(特に個人相手の場合)
 
 その上、海外オークションとなると、
 ・価格が落札まではっきりしない。
 ・落札できない場合がある。(競り負ける)
 ・品質に不安が残る。
 ・言葉(文化)が通じない。

 と、非常にリスキーです。


最後に
 今回も、お客様には、とても喜んで頂けました。
 もう一つ、弊社にとって大きな収穫は、「海外からの流通ルートの確保」 が出来たことです。
 実は、今までにも国内で部品が入手できず、修理をお断りさせて頂いたことがありました。
 ですが、今回の事で、その問題を一つクリアできたことは、今後の企業活動において、大きな意味になると思います。(ちょっと大げさ(^_^;))
 まだ事業を始めて間もないですが、こうやって少しづつ弱点を克服していければと思います。
 同じような事で、「リボール修理」もありますが、こちらは、また別の機会に(-。-)y-゜゜゜



【宣伝・・・(*´ω`)】

タイトルロゴ3

 システム葵では、個人様向けでも企業様向けでも、パソコン修理から、パソコン設定、パソコンの使い方、LAN環境構築、ソフトウェア開発まで、様々な実績がありますので、困ったことがあれば、お気軽にご相談下さい。

テーマ : パソコン修理・サポート
ジャンル : コンピュータ

Windows8 一般発売開始!

いよいよ、10月26日に、Widows8 が発売開始になりました。

2012_10_28_001.jpg

発売日までには、主要な機能をレビューしようと思っていたのですが、
中々時間が取れず、間に合いませんでした。
でも、これから購入を検討される方もいらっしゃると思うので、
少しづつ、ご紹介できればなぁ~と思います。

今日は簡単に、、、
前回までは、Windows8のインストールという事でご紹介しました。
詳しくは、コチラ→Windows8:仮想マシン(Hyper-V)編

1.ロックスクリーン
 まずは、起動するとロック画面が表示されます。次に、
 ・タッチパネルなら、タップしてドラッグ、
 ・デスクトップならクリックしてドラッグ
 でログイン画面が表示されるので、パスワードを入力してログインします。
 2012_10_28_011.jpg


2.ホームスクリーン
 ログインした後に、一番最初に表示される画面です。
 これが、いわゆる「Modern UI(旧:MetroUI)」です。
 各アプリケーションへのショートカットが、タイル状に並んでいます。
 2012_10_28_002.jpg

3.基本的な操作方法
 操作方法が、従来のWindowsと大きく変わります。
 まずは、右上/右下にマウスカーソルを当てると、右側にメニューが表示されます。
 各種設定やシャットダウンなど、今までスタートメニューから行ってきた操作は、こちらから行います。
 そして、左上/左下にマウスカーソルを当てると、デスクトップのプレビューが表示されるので、こちらから切り替えられます。
 2012_10_28_012
 
 今までのWindowsに慣れている方(私もですが)は、慣れるまで、かなり戸惑うかと思います。
 でも、これから始めて操作する方には、やり易いのかもしれません。要は慣れです。

4.シャットダウンの方法
 シャットダウンは、右上/右下にカーソルを当て表示されるメニューから設定を選択すると、
 その中に、電源ボタンが隠れています。
 これをクリックすれば、今まで通りのシャットダウンが出来ます。(やりにくい、、、(+_+))
 2012_10_28_013.jpg

5.すべてのプログラムを表示する方法
 デスクトップ上で右クリックすると、右下に、すべてのアプリが表示されるので、これをクリック!
 2012_10_28_014.jpg

 すると、従来のスタートメニューのような、アプリケーションが一覧表示されます。
 2012_10_28_010.jpg

 あとは、起動する以外にも、ホームスクリーンへ表示する/ホームスクリーンから削除するなど、
 カスタマイズはお好みで、、、

ここまでが、基本中の基本です。
 これが分かれば、あとは何とかなると思います。
 
余談ですが、、、

 Googleアカウントをお持ちの方は、メールやカレンダーなどは、すぐに使えます。
 Googleアカウントにログインすると、、、
 2012_10_28_003.jpg

 細かい設定はせずに、すぐにメールやカレンダーが表示されます。
 2012_10_28_004.jpg

 デスクトップはこんな感じです。今までと違うのは、左下にスタートボタンが無いことでしょうか
 2012_10_28_005.jpg

 エクスプローラも、リボンメニューに変わった事以外は、あまり変わらないような、、、
 2012_10_28_006.jpg

 システムプロパティも、、、
 2012_10_28_007.jpg

 デバイスマネージャも、、、
 2012_10_28_008.jpg

 ディスクの管理も、、、
 2012_10_28_009.jpg

最後に
 Windowsが新しくなったとはいえ、基本的なOSとしての仕組みは変わりません。
 要は慣れです。(年取ると、この慣れにすごく時間が掛かるのですがね)
 恐れず、ド~ンとチャレンジしてみて下さい。
 困ったときは、お気軽にご相談下さい(-。-)y-゜゜゜



【宣伝・・・(*´ω`)】

タイトルロゴ3

 システム葵では、個人様向けでも企業様向けでも、パソコン修理から、パソコン設定、パソコンの使い方、LAN環境構築、ソフトウェア開発まで、様々な実績がありますので、困ったことがあれば、お気軽にご相談下さい。

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

第25回:リフローとリボールについて

リボール修理を始めました

 いきなり何だっ!?、という方もいらっしゃると思うので、順番に、、、


パソコンが起動しない症状

 2012_10_10_02.jpg
 ・電源を入れたけども、Windowsが起動しない。
 ・LEDは点灯しているけど、画面が真っ暗なまま。
 ・ウィーンと音はするけど、何も表示されない。

 2012_10_10_01.jpg
 ・画面がザラザラ表示される。

 2012_10_10_03.jpg
 ・「PCI Express Error」が表示され、先に進まない。

 こんな症状になったことはないでしょうか?


パソコンが起動しない原因

 Windowsが正常起動しない場合、原因は色々とあります。

 【ハードウェア障害】
  マザーボード(基盤)故障、HDD故障、メモリ故障、電源アダプター故障、
  バックライト切れなどなど
 【ソフトウェア障害】
  システムファイルの破損、ウィルス感染などなど

 簡単に挙げても、原因は多々あり、お聞きした症状だけで判断することは難しいです。
 通常はお預りの上、初期診断させて頂いております。


マザーボード故障の場合
 
 2012_10_10_05.jpg

 マザーボード故障の場合、ビデオチップの通電不良が非常に多いです。
 (他にも、コンデンサーやブロードライザ―といった場合もありますが、ノートPCに限って言えば、これが多いです。弊社の場合は、、、ですが)

 言うまでもなく、WindowsOSといったソフトウェアは、ハードウェアが正常に動作して、初めて正常に起動できます。
 その際、まずBIOS(Basic Input/Output System)がハードウェアを、チェックし、問題が無ければ、HDD/CD-ROM/USBなどから、OSを起動します。
 逆に言えば、ハードウェアに異常があった場合(BIOSが認識できない場合)、OSは起動しません。
 当然、ビデオチップも正常に認識されなければ、同じ事です。


なぜ通電不良になるの!?
 Symbol-Help.png

 ビデオチップ(一言で言えば、画面出力を担当している部品です)とマザーボードは、数十箇所の半田でマザーボードと接合されています。
 経年劣化やパソコン内部のホコリによる熱暴走などにより、半田クラック(ひび割れ)が発生します。クラックが発生すると、正常に通電せず、ビデオチップはマザーボードから認識できなくなります。
 結果として、「電源を入れても起動しない!」といった現象になります。


なぜクラックが発生するの!?
 Symbol-Help.png

 そもそも、なぜ半田クラックが発生するのか!?ですが、弊社では、主に次の3つがあると考えております。
 (半分どこかの受け売り!?、イヤン、気にしないで(^_^.))

 1.使用されている半田(Pbフリー半田)がクラックを起こしやすい半田である事
   世界各国で鉛の環境への影響を懸念して、半田の種類が共晶半田からPbフリー半田に変更されていきました。ですが、Pbフリー半田は、数千年前から使用されてきた共晶半田に比べて、作業性、信頼性共に確立されていないため、変更後に多数の問題が発生しました。その内の一つがクラックです。

  Pbフリー半田:硬いが脆い性質を持っているため、物理的ストレスでクラックが入りやすい。
  共晶半田:  非常に作業性、信頼性が高く柔らかいが粘り強く、クラックが入りにくい。

 2.パソコンの基板が非常に反りやすく安っぽい作りをしている事
  半田にクラックが入るのは、半田の結合部分に物理的なストレスが加わるためですが、それは、GPU等のチップが使用中に熱を持つためです。
  チップが熱を持つことで基板表面、基板裏面も温められますが、それぞれ熱に対する伸長性が違い、掛かる熱量も異なる為、基板のGPU部分に歪みが発生します。
  パソコンの起動と停止の繰り返しが、基板の歪みとなり、それが繰り返されることでストレスとなります。
  パソコンのマザーボードはコスト意識が高く、安い材料で出来ていることが多いため、基板の反りが顕著と言われています。

 3.パソコンの設計が悪い。もしくは廃熱が十分ではない事
   そもそもGPUに負荷が強くて温まりやすく、その熱を逃がす機能が十分ではない為、基板へのストレスが発生し易いです。
   特にノートパソコンは廃熱が十分ではない上、追加でファンを付ける事も出来ない為、この問題はどうしようもありません。
   さらに言えば、パソコン内部にホコリ(特にFAN周り)が溜まると、内部熱が外に逃げなくなる為、自分で自分の首を絞めることになります。

 この中で、2と3については、材質不良と設計不良のため、残念ながら修理では対応できません。
 ただし、1については、「リボール」という対策方法があります。


肝心の対応方法は!?
 Symbol-Construction.png

 対応方法は、3種類あります。
 再発の可能性の少ない「リボール」という方法が、一番のお勧めです。

 ・リボール:
   一言で言うと、「ビデオチップの貼り直し」です。
   ビデオチップの半田そのものを、共晶半田というクラックの発生し難い半田で、再実装し直します。
   リフローと似てるように思われるかもしれませんが、かなり違います。
   物理的にビデオチップを一度剥がし、半田そのものをすべて変更し、マザーボードに再実装するため、修理後に同現象が再発する可能性が非常に低いです。

 ・リフロー:
   ビデオチップの半田を高熱で加熱し、一度融解させることで、半田クラックのひび割れを修正します。
   ただし、半田の材質そのものは同じため、修理後も再発する可能性があります。

 ・マザーボード交換:
   マザーボードそのものを交換します。ただし、製品の材質も構造も変わらないため、交換した部品でも同現象が発生する可能性があります。


もう少しだけ補足します
 Edit.png

 【補足1】
  リボールとリフローの違いは、一言で言えば、どれだけ再発のリスクを減らせるかというところです。
  ただし、どちらの場合も、延命処置に近いものがあります。

 【補足2】
  リボールでも「再発の可能性がゼロになる!」と言い切れないのは、クラックが発生する原因として、
  ・半田そのものに原因がある場合
  の他に、
  ・マザーボードの材質そのものに問題がある場合
  ・パソコンの放熱能力に問題がある場合
  があるためです。
  この場合は、修理ではどうにもならないのです(+_+)

 【補足3】
  リボール技術は、技術難易度が、かなり高いです。設備も技術も一流を求められ、とても私の手には負えないので、信頼できる提携業者様に外部委託しております。


結論
 Symbol-Information.png

 結局のところ、何が言いたかったというと、ビデオチップ修理の場合、リボールが一番良い選択だという事です。(あくまで私個人の意見です)
 そして、今までは、リフローかマザーボード交換か二者択一でしたが、先月中旬より信頼できる業者様を見つけられたおかげで、弊社でもリボール修理が可能となりました

蛇足
 今までリボール修理をご案内できなかったお客様には、心よりお詫び申し上げます。
 弊社としても、日々精進、ということで毎日試行錯誤しております。
 どうぞご理解の程を

最後に一言!(えっ、長い!?)
 お読み頂いてお分かり頂けたかと思いますが、いつも口を酸っぱくして、しつこく書いている通り、
 ホコリはパソコンの大敵です!小まめにお掃除をしてあげましょう!
 (難しい人は、内部クリーニングを承っております。)

初期診断の時に、いつもお客様に個別にご連絡させて頂いている内容ですが、
これだけ多いなら、いっそのこと皆さんに知ってもらった方が良いかと思い、書いてみました。
最後まで長文をお読み頂き、感謝致します。
それでは、皆様、素晴らしいパソコンライフを(-。-)y-゜゜゜



【宣伝・・・(*´ω`)】

タイトルロゴ3

 システム葵では、個人様向けでも企業様向けでも、パソコン修理から、パソコン設定、パソコンの使い方、LAN環境構築、ソフトウェア開発まで、様々な実績がありますので、困ったことがあれば、お気軽にご相談下さい。

テーマ : パソコン修理・サポート
ジャンル : コンピュータ

Windows8:仮想マシン(Hyper-V)編 第3回

Windows8:仮想マシン(Hyper-V)編 第2回の続きです。

前回までに、どうにかWindows8をインストールしました。
 001.jpg

Windows8にリモートデスクトップ接続:準備
 リモート接続したサーバから、さらにコンソール経由でWindows8につなぐのは如何なものかと、、、
 (本来、サーバはメンテナンス時以外は、触らないものというポリシーがあるので)
 ですので、リモートデスクトップで接続したいと思います。

 デスクトップで右クリックすると、右下に、「すべてのアプリ」が出現します。
 002.jpg
 注.私のPCは、タッチパネルではないので、すべてマウスとキーボードで操作しています。弊社では、タッチパネルの導入は、、、数年後の予定です(+o+)

 「すべてのアプリ」をクリックすると、デスクトップの右側に、すべてのアプリが出現します。
 この中から、「コンピューター」をクリックします。
 003.jpg
 
 すると、見慣れたデスクトップ画面で、エクスプローラが表示されますので、
 コンピューターで右クリックし、プロパティからシステムプロパティを開きます。
 004.jpg

 「このコンピューターへのリモート接続を許可する」をチェックします。
 これで準備完了です。
 005.jpg

Windows8にリモートデスクトップ接続!

 あとは普通に、リモートデスクトップ接続します。まずは、接続先のコンピュータ名「VP-Windows8」とアカウント名を入力して、、、
 010.jpg

 パスワードを入力して、、、
 006.jpg

 リモートデスクトップ接続成功!!
 007.jpg
 ようやく、スタート地点に立った気がします。

 余談ですが、Hyper-VでこしらえたWindows8を、ネットワークから見ると、、、普通です。
 008.jpg

 でもって、気になるインストール直後のディスク使用量は、、、11.7GBでした。
 まぁ、仮想環境なので、実際とは違うと思いますが、大体の目安と思って下さい。
 009.jpg

 次回こそ、実際の使い方を書きたい、、、と思います。
 (-。-)y-゜゜゜



【宣伝・・・(*´ω`)】

タイトルロゴ3

 システム葵では、個人様向けでも企業様向けでも、パソコン修理から、パソコン設定、パソコンの使い方、LAN環境構築、ソフトウェア開発まで、様々な実績がありますので、困ったことがあれば、お気軽にご相談下さい。

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
プロフィール

ITLife

Author:ITLife
システム葵新井聡太です。
東京都東村山市に生まれ、ここで育ち、ここで結婚し、システムエンジニア一筋で十数年やってきました。
ここでは主に、パソコンを中心にITに関わることを備忘録として残していきたいと思います。
少しでも来ていただいた方のお役に立てたら幸いです。
m(_ _)m

p.s
ここで紹介している内容は一例です。すべては、自己責任でお願いします。

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
訪問数
月別アーカイブ
リンク