第30回:「twittbot」サーバからの脱却!第2回

第28回:「twittbot」サーバからの脱却!第1回の続きです。

【ご依頼内容】

 現在運用中の「twittbot」サーバを止めて、自前で「bot」サーバに移行したい。
2013_01_07_01.png


、、、というわけで、前回までは、
 ・Botプログラム選定 ⇒ EasyBotter
 ・サーバ選定 ⇒ さくらインターネットサーバ
まで行いました。


今回は、EasyBotter のインストールです。
といっても、CD-ROMからインストール、、、という訳ではないので、多少Webの知識が必要になってきます。まずは、準備として、、、


Twitterアカウントの登録

 当たり前ですが、Bot用のTwitterアカウントを準備します。
 こちらは、普通にTwitterアカウントを作れば問題ありません。


OAuth認証キーの取得

 以下のサイトより、OAuth認証キーを取得します。
 https://dev.twitter.com/apps
 (注意 Default Access typeRead&Writeにチェックを入れます。)
 取得したら、以下のキーをメモしておきます。
 ・$consumer_key
 ・$consumer_secret
 ・$access_token
 ・$access_token_secret


テキストエディタの準備

 「文字コード:UTF-8、改行コード LF」を確認・指定できるもを選んで下さい。
 私の場合は、秀丸を使います。


FTPソフトの準備

 EasyBotterをサーバーへアップロードする為に必要です。
 私の場合は、FFFTPを使います。


EasyBotterのダウンロード

 今回の目玉となるプログラム本体EasyBotterをダウンロードします。
 ダウンロードは、以下のサイトから無料でダウンロードできます。
 http://pha22.net/twitterbot/
 私がダウンロードした時、バージョンは、2.0.5 でしたが、最新版のバージョンは、2.1.2(2013.1.9)です。ここでは、2.0.5 で話を進めていきますので、最新版と違う箇所は、適当に読み換えて下さい。



いよいよ準備開始です!

必要なファイルの編集

 基本的なことは、こちらで説明してある通りです。まずは、一通り読んでみて下さい。
 http://pha22.net/twitterbot/
 使いたい機能、投稿したい文章、返答したい文言などは、後から自由に決められます。
 大切なことは、最低限動かせることを確認してからの方が良いと思います。
 プログラミングだけでなく、どんな場合でも、基本をまず出来るようになってからでないと、予想外の事が起きた時に、原因の切り分けや対応が非常に難しくなります。何事も基本に忠実に、、、
 ここでは、最低限忘れないで欲しいことだけ書きます。

 setting.php編集

  先に準備した認証キーを記述します。
  具体的には、「setting.php」をエディタで開いて、以下の記述を編集します。
  この時、「文字コード:UTF-8、改行コード LF」に気を付けて下さい。
  (文字コード/改行コードは、ご利用のエディタソフトの説明書を見ましょう!)
  //設定
  $screen_name = "◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆"; //botのid名
  $consumer_key = "◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆"; // Consumer keyの値
  $consumer_secret = "◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆"; // Consumer secretの値
  $access_token = "◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆"; // Access Tokenの値
  $access_token_secret = "◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆"; // Access Token Secretの値


 EasyBotter.phpの編集⇒APIを最新版に変更

  EasyBotterは、API「TwitterAPI」を利用して動作します。
  APIは「Application Program Interface」の略で、要は共通プログラムと考えて下さい。
  プログラム自体は、Twitter側にあるので関係ないですが、そのプログラムを呼び出す側、つまり自分のプログラムを最新版のインターフェースに合わせてあげる必要があります。
  具体的には、「EasyBotter.php」をエディタで開いて、以下の記述を編集します。
  この時も、「文字コード:UTF-8、改行コード LF」に気を付けて下さい。

  https://twitter.com/statuses/update.xml
  ↓
  http://api.twitter.com/1/statuses/update.xml

  http://twitter.com/statuses/friends_timeline.xml
  ↓
  http://api.twitter.com/1/statuses/friends_timeline.xml

  http://twitter.com/statuses/replies.xml
  ↓
  http://api.twitter.com/1/statuses/mentions.xml

  http://twitter.com/statuses/friends.xml
  ↓
  http://api.twitter.com/1/statuses/friends.xml

  http://twitter.com/statuses/followers.xml
  ↓
  http://api.twitter.com/1/statuses/followers.xml

  http://twitter.com/friendships/create/".$screen_name.".xml
  ↓
  http://api.twitter.com/1/friendships/create/".$screen_name.".xml



EasyBotterのアップロード

 編集したファイルも含めて、準備したWebサイトにアップロードします。
 あらかじめ、「twitbot」フォルダなどを作成しておき、そこにまとめてアップロードする方が、管理上良いと思います。
 この時、転送方法は、アスキーモードで転送することに注意して下さい。
 (転送方法は、ご利用のFTPソフトの説明書を見ましょう!)


パーミッションの変更

 最後に、アップロードしたファイルのパーミッションを変更します。
 ・datファイル(ログファイル)
 ・phpファイル ⇒ こちらは変えなくても大丈夫かも!?
 パーミッション値は各サーバによって違うので、そちらをお読み下さい。


いよいよテスト!

 ブラウザから、bot.phpにアクセスしてみて下さい。
 白いページに「2分以内に受け取った@はないようです。」などと表示されれば正常です!
 (英語で意味不明な文字列が表示された場合、PHPエラーが発生しています。
  今までやったところに間違いが無いか、よく確認してみて下さい。)

 おめでとうございます!

 ここまでで環境は整いました。あとは利用する機能や文言、実行時間など、それぞれの仕様に合わせてカスタマイズして、運用していくことになります。


2013_01_07_09.png


と、この記事もここで一応終了となりますが、気が向いたら、さくらインターネットサーバで、cronの複数実行(6個以上)なども、追記したいと思います。
そもそも、複数アカウントを自分で運用出来るようにすることが、本案件の目的だったので、、、


最後に

 やってみてわかったことですが、EasyBotterは、名前の通り、必要な機能が盛込まれており、
 一から自分でプログラムを組むよりは、はるかに効率的(Easy)です。
 ただし、Webの一般的な知識や、プログラミングの知識も、ある程度は要求されます。
 カスタマイズするとなると、初心者の方には、Easyではありません。(私はとても楽しいですが)

 余談ですが、弊社では、
  パソコンの相談/購入/設定から、パソコン修理、パソコン教室
 を行っておりますが、
  ソフトウェア開発/ITサポート
 も行なっております。どちらかというと、ソフトウェア開発/SEの方が経歴が長いです。
 もともと、ソフトウェア畑出身なので、
  ホストコンピュータ(COBOL、Fortran)
  クライアント・サーバ(VB、VB.Net、ExcelVBA、Oracle、SQLServer、Access)
  Webアプリ(.Net、Javaはちょこっと、、、)
 などなど、細かいものを入れればきりがないですが、色々と経験しております。
 個人様/企業様を問わず、困ったときは、お気軽にご相談下さい。


追記

 第31回:「twittbot」サーバからの脱却!第3回「CRON複数設定」
 


【宣伝・・・(*´ω`)】

タイトルロゴ3

 システム葵では、個人様向けでも企業様向けでも、パソコン修理から、パソコン設定、パソコンの使い方、LAN環境構築、ソフトウェア開発まで、様々な実績がありますので、困ったことがあれば、お気軽にご相談下さい。
関連記事

テーマ : パソコンサポート
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
プロフィール

ITLife

Author:ITLife
システム葵新井聡太です。
東京都東村山市に生まれ、ここで育ち、ここで結婚し、システムエンジニア一筋で十数年やってきました。
ここでは主に、パソコンを中心にITに関わることを備忘録として残していきたいと思います。
少しでも来ていただいた方のお役に立てたら幸いです。
m(_ _)m

p.s
ここで紹介している内容は一例です。すべては、自己責任でお願いします。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
訪問数
月別アーカイブ
リンク