第51回:Lenovo ThinkPad 420s マザーボード交換 (TYPE & S/N と UUID登録のオマケ付)

本日ご紹介する内容は、とある個人様から、、、

【ご依頼内容】

現在使用しているノートパソコンのマザーボードを、個人で購入したマザーボードに、交換して欲しい。


【お仕事内容】

パソコンは、Lenovo ThinkPad T420s (Windows 7) です。

 2014-10-22-01.jpg


現在のマザーボードは、Core i5 、これをマザーボードごと交換し、Core i7 にスペックアップしたいそうです。
部品はお客様ご自身でご購入されたものを持ち込まれたので、お値段はわかりません。
ちなみに、パソコンの修理や部品交換で、お客様ご自身で部品を準備して持ち込まれる方が、時々いらっしゃいます。それ自体は特に構いませんが、部品の動作保障や相性保障は出来ませんので、その点だけご了承下さい。
、、、弊社では幸い、今までそういったトラブルはありませんが、相性が悪かった、初期不良だった、、、といったトラブルの記事を時々見かけますので、、、(;^ω^)


【先ずは分解!】

分解は少し作業工程が多いですが、特に難しい作業はありません。
各部品やネジの配置などを、しっかり確認しながら進めれば、失敗することは少ないと思います。

裏面は、ネジをすべて外します。また、メモリやバッテリなど取り外し可能なデバイスも、すべて取り外します。表面は、キーボード・アッシーの形状が複雑に見え解りにくいのですが、下方向にずらすと、キーボード・アッシーが外れます。
2014-10-22-02.jpg

そのまま、すべて分解していきます。
2014-10-22-03.jpg

パームレストも外して、、、
2014-10-22-04.jpg

液晶ディスプレイの天板も外して、、、
2014-10-22-05.jpg

マザーボードを取り出します。
2014-10-22-06.jpg


【マザーボードを交換!】

左が交換前のCore i5、右側が交換予定のCore i7 です。
2014-10-22-07.jpg

裏側はこんな感じです。当たり前ですが、見た目の違いはほとんどありません。
ヒートシンクやFANが違うくらいでしょうか、、、本当はnVidiaのグラフィックボードも違うのですが、、、
2014-10-22-08.jpg

元の基盤から、CMOSやLANカードなど、移植が必要な部品を移し替えて、、、
2014-10-22-09.jpg

分解と逆の手順で、組み立てていきます。
2014-10-22-10.jpg


【起動確認!】

組立完了後、起動確認すると、警告エラーメッセージが表示されます。
「2200: Machine type and Serial Number are INVALID 」
「2201: Machine UUID is INVALID 」
2014-10-22-12.jpg

Lenovoの場合、新品のマザーボードには、製品名、シリアル番号が登録されてないため、起動時にこんなメッセージが表示されます。こういった場合は、
「Lenovo ThinkPad保守用ディスケット」
を利用し、EEPROMの書き換えを行ないます。

ちなみに、BIOS画面でも、まだUUIDは、こんな感じです。
2014-10-22-11.jpg


【Serial Number 書き換え!】

準備した「Lenovo ThinkPad保守用ディスケット」をUSBから起動します。
2014-10-22-13.jpg

メニューより、1.Set system identification を選択します。
2014-10-22-14.jpg

Device Type number ⇒ 20 (System unit Serial Number) を入力します。
続いて、Serial Number ⇒ 1STTTTMMMSSSSSSS を入力します。
このTTTTMMMSSSSSSSは、パソコン本体の裏面に記載されていますので、ハイフンなしで入力します。
2014-10-22-17.jpg

最後に、Enter で Successfully と表示されれば登録完了です。
2014-10-22-18.jpg


【UUID 書き換え!】

こちらは、超簡単です。
先程のメニューより、4.Assign UUID を選択します。
2014-10-22-15.jpg

そのまま、Enter で登録完了です。
2014-10-22-16.jpg


動作確認

上記作業を終えて、起動確認したところ、VGAグラフィックドライバーのエラーが!!!
、、、てグラフィックボードが変わったので、当たり前でした。
nVidiaのグラフィックドライバーを入れて、エクスペリエンスも更新して、問題なくすべての作業が完了しました。
(写真は撮り忘れ、、、( ;∀;))


最後に

ただのマザーボード交換だけなら記事にしなくてもよかったのですが、今回は、「Lenovo ThinkPad保守用ディスケット」を使用した、Serial Number & UUID の書き換えがあったので、記事にしてみました。
今回のように、マザーボード交換に伴う関連作業が発生した場合でも、料金は変わりません。
マザーボード交換でお悩みの方は、ぜひご相談下さい('ω')ノ



【宣伝・・・(*´ω`)】

タイトルロゴ3

 システム葵では、個人様向けでも企業様向けでも、パソコン修理から、パソコン設定、パソコンの使い方、LAN環境構築、ソフトウェア開発まで、様々な実績がありますので、困ったことがあれば、お気軽にご相談下さい。
関連記事

テーマ : パソコン修理・サポート
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Lenovo ThinkPad保守用ディスケット

初めまして、システム葵の新井と申します。

ブログをお読み頂き、ありがとうございます!
詳細については、メールをお送りさせて頂きます。
どうぞ宜しくお願い致します。
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
プロフィール

ITLife

Author:ITLife
システム葵新井聡太です。
東京都東村山市に生まれ、ここで育ち、ここで結婚し、システムエンジニア一筋で十数年やってきました。
ここでは主に、パソコンを中心にITに関わることを備忘録として残していきたいと思います。
少しでも来ていただいた方のお役に立てたら幸いです。
m(_ _)m

p.s
ここで紹介している内容は一例です。すべては、自己責任でお願いします。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
訪問数
月別アーカイブ
リンク