FC2ブログ

Microsoft Windows LiveMailが起動しない場合の対応

日々のお問合せやトラブル対応の中で、比較的多い一つに、
Microsoft Windows Live Mailが起動しなくなった!
という案件があります。

2015-06-01-01.jpg


何故起動しなくなるのか!?

原因は一つではないですが、例えば、

 ・Windows更新プログラムを適用することでおかしくなった。
 ・WindowsLiveMailのプログラムや設定ファイルがおかしくなった。
 ・HDD自体が故障して、データの読書が不能になった。

などがあります。


どうすれば直せるか!?

原因により、それに合った対応方法が異なりますので、ここでは、代表的な対応方法をご紹介しておきます。
なお、原因がわからずやみくもに行うと、既存のデータ(送受信したメールなど)が消えてしまうので、必ずバックアップを行なったうえで、原因を切り分けながら行いましょう!

1.Windows用更新プログラム「KB2454826」のアンインストール
 Windows用更新プログラム「KB2454826」がインストールされている場合、これを削除します。
 上手く起動できれば、OK!


2.データフォルダの再作成
 データフォルダを一旦削除(リネームの方がベスト!)し、WindowsLiveMailを起動します。
 上手く起動できれば、アカウントを再作成し、旧データを再登録すれば、OK!


3.WindowsLiveMailのアンインストール/インストール
 WindowsLiveMailの再インストールです。一番試しやすいと思います。


4.復元ポイントからの復元
 正常に動いていた時の日付まで、復元ポイントを使って復元します。


5.プロファイルの切替え
 プロファイルを切替えて上手くいけば、WindowsLiveMail自体は問題無いので、新しいプロファイルに移行すればよいのですが、プロファイルの移行自体が、結構面倒なことになるかもしれないです。
 個人的には、プロファイルが壊れたような状態のWindowsなら、もう一度OSからリカバリした方が、健康的に使えると思います。
 ただ、業務用で使っていたりすると様々な制約があるので、そんな時はこの方法でもよいかもしれません。


どうすれば今後起きないようになるか!?

、、、無理です( ゚Д゚)
ソフトウェアは、人間が作っているものです。ましてや壊れやすいHDD上に保存されているものです。
エラーを起きなくさせるなんてことは、お日様を西から登らせよう!、、、っていうくらい無理です。
むしろ、エラーは起きるものだと思って、備えましょう!

1.バックアップを定期的に、複数の媒体に取る。
言わずもがなですが、バックアップを必ず取りましょう!これだけで被害状況が全く異なります。
バックアップを取らないことは、保険を掛けないで、車に乗るようなものです。

2.Webメールに乗り換える
最近は、ほとんどの大手はWebメール機能を備えています。
思い切って、Webメールに乗り換えるもの有かなと思います。


最後に 
Windowslivemailは、今回ご紹介した以外にも、受信アイテムが消えてしまった、送信済アイテムだけが消える、、、などなどトラブルが多いです。(利用者が多いから報告される件数が多いためかもしれませんが、、、)
メールソフトを切替えるというのも、一つの案かもしれないですね。



【宣伝・・・(*´ω`)】

タイトルロゴ3

 システム葵では、個人様向けでも企業様向けでも、パソコン修理から、パソコン設定、パソコンの使い方、LAN環境構築、ソフトウェア開発まで、様々な実績がありますので、困ったことがあれば、お気軽にご相談下さい。
関連記事

テーマ : パソコン修理・サポート
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
プロフィール

ITLife

Author:ITLife
システム葵新井聡太です。
東京都東村山市に生まれ、ここで育ち、ここで結婚し、システムエンジニア一筋で十数年やってきました。
ここでは主に、パソコンを中心にITに関わることを備忘録として残していきたいと思います。
少しでも来ていただいた方のお役に立てたら幸いです。
m(_ _)m

p.s
ここで紹介している内容は一例です。すべては、自己責任でお願いします。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
訪問数
月別アーカイブ
リンク