第71回:NASのトラブル対応

本日ご紹介するのは、NASのトラブル対応です。

トラブルと一言で言っても、様々なケースがありますが、今回は少し珍しかったので、、、

NASが毎日決まった時間に赤くなって警告音を出す

症状は、毎日決まった時刻になるとディスプレイ画面が赤くなり、警告音が3回ほど鳴ります。
その後、自然と正常状態に復帰します。

この時のエラー情報は、「UPS E10 Dependent Mode」 です。
マニュアルでは、
 E10 連動状況が確認できません
  UPSとNASの通信が正しく行われていません。
  UPSとNASを接続しているケーブルの状態を確認してください。
とあります。
参考)TeraStationの液晶ディスプレイに「UPS E10 Dependent Mode」と表示されます


利用環境

以下の通りです。

2017-08-03-01.jpg

 ・NAS: BUFFALO TeraStation TS5200シリーズ
 ・ファームウェア: Ver 3.52 (2017年8月1日現在の最新版)
 ・UPS: 正規対応品
 ・構成: フェイルオーバー & UPS連動


原因はファームウェアのバグ!!

結論から言うと、ファームウェア(Ver3.52) 2017年8月3日現在 のバグでした。
メイン機が、NTPサーバ(時刻合せ用サーバ)に接続した際、一瞬UPSからの信号が切れるそうです。
その際、バックアップ機がメイン機経由でUPSを検知できず、アラーム音と出すという事でした。(メイン機はなぜかスルー、、、)
ただ、NASの動作自体そのものには、特に影響は無いとのことです。


どうやって対応するの!?

ファームウェアの改修予定には組み込まれているそうなので、いずれファームウェアのアップデートにより改善されるでしょうが、時期は未定とのことです。
それまでは暫定処置として、NTPサーバとの時刻同期を止めることで、一時的にアラーム音が鳴らない様にするしかないそうです。
もしくは、UPS連動を止めるか、、、


【宣伝・・・(*´ω`)】

タイトルロゴ3

 システム葵では、個人様向けでも企業様向けでも、パソコン修理から、パソコン設定、パソコンの使い方、LAN環境構築、ソフトウェア開発まで、様々な実績がありますので、困ったことがあれば、お気軽にご相談下さい。
関連記事

テーマ : パソコンサポート
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
プロフィール

ITLife

Author:ITLife
システム葵新井聡太です。
東京都東村山市に生まれ、ここで育ち、ここで結婚し、システムエンジニア一筋で十数年やってきました。
ここでは主に、パソコンを中心にITに関わることを備忘録として残していきたいと思います。
少しでも来ていただいた方のお役に立てたら幸いです。
m(_ _)m

p.s
ここで紹介している内容は一例です。すべては、自己責任でお願いします。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
訪問数
月別アーカイブ
リンク