FC2ブログ

第75回:ワークステーションのスペック変更

今回のお仕事は、ワークステーションのスペック変更です。
具体的には、メモリ増設とグラフィックボードの換装になります。

対象機: HP Z440 Workstation
      http://jp.ext.hp.com/workstations/z440/
メモリ: 8.0 GB ⇒ 16.0 GB(ECC Registered)
グラフィックボード: ELSA NVIDIA Quadro P2000


ところでワークステーションのパソコンの違いは?

CPUやメモリ、ハードディスクなどパソコンとの違いが見た目からは判断しにくいですが、一言で簡単に言うと、高負荷が要求される作業に適したマシンになります。パソコンとはそもそもの全体設計が異なるため、パソコンを単純にパーツ交換してスペックアップしても、同等にはなりません。
ワークステーションの場合、CPUもサーバ用であったり、メモリもECC対応メモリだったり、、、色々異なります。

用途としては、たとえば、医療業界でのデジタル画像診断、3D CAD、CGソフトなどハイエンドな専門分野のアプリケーション用途、ブロードバンド配信やハイビジョンデジタル技術による表現力の高いコンテンツ制作といったものがあります。


ECC対応メモリって何!?

エラー訂正機能を持ったメモリを、ECC(Error-Correcting Code Memory)メモリと言います。
また、種類も、レジスタバッファ:ありのRegistered:R-DIMM、レジスタバッファ:なしのUnbuffered:U-DIMMがあります。
それぞれの細かい違いまで知らなくても良いのですが、マザーボードがどの規格に対応しているのかをきちんと把握していないと動作しませんので、注意が必要です。
また、ECCメモリは、普通のメモリに比べて、非常に高価になります。
、、、xx万円とか普通にするので、間違えて購入すると大変です💦


ではいざ交換!

2018-10-01-01.jpg
今回は、現地作業となります。

2018-10-01-02.jpg
こちらが、HPのZ440です。

2018-10-01-03.jpg
カバーを外すとこんな感じです。

2018-10-01-04.jpg
現状は、「NVIDIA Quadro K620」が挿してあります。

2018-10-01-06.jpg
先ずはメモリを交換し、BIOSで確認します。
次に、グラフィックボードを交換し、ドライバーをインストールし、、、って、アレ?写真が、、、無い(´;ω;`)

何はともあれ、無事に作業は完了しました。


【宣伝・・・(*´ω`)】

タイトルロゴ3

 システム葵では、個人様向けでも企業様向けでも、パソコン修理から、パソコン設定、パソコンの使い方、LAN環境構築、ソフトウェア開発まで、様々な実績がありますので、困ったことがあれば、お気軽にご相談下さい。
関連記事

テーマ : パソコンサポート
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
プロフィール

ITLife

Author:ITLife
システム葵新井聡太です。
東京都東村山市に生まれ、ここで育ち、ここで結婚し、システムエンジニア一筋で十数年やってきました。
ここでは主に、パソコンを中心にITに関わることを備忘録として残していきたいと思います。
少しでも来ていただいた方のお役に立てたら幸いです。
m(_ _)m

p.s
ここで紹介している内容は一例です。すべては、自己責任でお願いします。

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
訪問数
月別アーカイブ
リンク