FC2ブログ

ショートカットキー

今回は、Windowsの「ショートカットキー」についてです。

パソコンに慣れている人は、ショートカットキーをよく利用していますが、あまり活用されていない方も多いようですので、ご紹介します。


ショートカットキーって何?

一言で言えば、ショートカットキーは、普段はマウスを使って行うことを、キーボードだけで行なえる、とても便利な機能です。


どんなメリットがあるの?

ショートカットキーに慣れると、いちいちマウスとキーボードを持ち替えたり、マウスをあちこち動かす回数が減るので、パソコン操作が大変楽になります。
これは、WindowsOSを利用するときでも、Excelなどのアプリケーションを利用するときでも使えます。

また、マウスを持ち直す必要が無くなるだけでなく、同じ動作を繰り返す場合や、ノートパソコンを利用する場合、マウスが壊れてしまったときにも重宝されます。
なにより、キーボードだけで操作できるとカッコいい~(* ̄ー ̄*


難しくない?

使い方は簡単です。決められたキーを押すだけです。
主に、特定のキーと通常のキーを組み合わせて使うことが多いです。

特定のキー:Windowsキー、Ctrl、Alt、Shift、Tab、F1~F12など
通常のキー:A~Z、0~9、記号、矢印、Home、End、PageUp、PageDown、PrtScr、Breakなど


どんなふうに使うの?

具体的に、一番よく使われる例を挙げます。
・Ctrl + C:コピー
・Ctrl + V:切取り
・Ctrl + X:貼付け

①.メモ帳などで、文章中の特定の箇所を選択します。
②、右クリックでコピーを選択する代わりに、"Ctrl + C"を同時に押します。
  ⇒これでコピーされました。切取りの場合も同様です。
③.任意の場所で、"Ctrl + V" を押します。
  ⇒これで貼付けされました。
あら簡単♪

他にはどんなのがあるの?:WindowsOS編

 ・Windows    :スタートメニューを表示
 ・Ctrl + Esc  :スタートメニューを表示(Windowsキーが無いキーボードで重宝します。)
 ・Alt + Tab   :画面切り替え
 ・Alt + Space  :メニュー表示
 ・Alt + PrtSsc :有効画面のキャプチャ
 ・Alt + Enter  :プロパティ表示(意外と便利です。)
 ・F2      :編集開始
 ・F6、F7、F8、F9:ひらがな、カタカナ、全半角、アルファベットの切換え
 ・F1      :ヘルプ表示(あまり使わないかも、、、)
 ・Alt + F4   :アプリケーションを閉じる
 ・Ctrl + F4   :アプリケーション内のアクティブ画面のみ閉じる
 ・ESC      :操作の取消し
 ・Windows + D  :デスクトップ表示切替
 ・Windows + L  :画面ロック(離席時にはやりましょう!)
 ・Windows + M  :デスクトップ表示
 ・Windows + R  :ファイル名を指定して実行
 ・Shift + Del  :ゴミ箱に入れずに削除(注意しましょう!)

 Windows7以降ですが、、、
 ・Windows + 1~9:タスクバーに登録しているアプリケーションの起動
 ・Windows + Tab :画面切り替え(カッコよく!)


他にはどんなのがあるの?:アプリケーション編

①.カーソル位置を飛ばします。
 ・Ctrl + Home:一番上まで移動
 ・Ctrl + End :一番下まで移動
 ・Home    :行先頭まで移動
 ・End     :行末まで移動
 ・Ctrl + →、Ctrl + ←:単語区切りに移動

②.①の組合せに"Shift"キーを足すと、任意の箇所をサクッと選択できます。
 ・Ctrl + A:全て選択
 ・Shift + Ctrl + Home:一番上まで選択
 ・Shift + Ctrl + End :一番下まで選択
 ・Shift + Home    :行先頭まで選択
 ・Shift + End     :行末まで選択
 ・Shift + Ctrl + → / ← / ↑ / ↓:単語区切りに選択

③.さらに、コピー&ペーストも合わせて使うと、いちいちマウスを使わなくても、
  文章中の任意の箇所を、サクッと選択、サクッと貼付けられて大変便利です。

④.これ以外にも、
 ・Ctrl + Z:編集を元に戻す
 ・Ctrl + Y:編集を繰り返す
 ・Ctrl + P:プリントダイアログを表示
 ・Ctrl + O:ファイルを開くダイアログを表示
 ・Ctrl + S:上書き保存
 ・Ctrl + N:ファイルを新規に作成


他にはどんなのがあるの?:一味変わった使い方編

ショートカットキーの割り当て
①.よく使うアプリケーションのショートカットアイコンをデスクトップに作成します。
  2012_01_13_01.jpg

②.せっかくなので、"Alt + Enter"で、プロパティを開きます。
  (もちろん、右クリックメニューからでもOKです)
  2012_01_13_02.jpg

③.ショートカットキーにカーソルを当て、お好きなショートカットキーを押します。
  (といっても、Ctrl + Alt + ??? の組み合わせです)
  2012_01_13_03.jpg


すると、あら不思議、自分で決めたショートカットキーで、お好きなアプリケーションが起動できるようになります。
これで、いちいちデスクトップやスタートメニューを表示させる必要が無くなります!


最後に

これらは、私がよく使うショートカットキーの大半です。
全体的に見れば、ごくごく一部ですが、エクスプローラーでのファイル/フォルダのコピーや移動など、他のアプリケーションでも大抵使えます。(多分、、、)
また、特定のアプリケーションだけのオリジナルなショートカットキーもたくさんあります。
いろいろ触って、新しいショートカットキーを見つけるのも楽しいので、
時間のある方はぜひチャレンジしてください!
(-。-)y-゜゜゜

そんな暇はないよという方は、こちらをご覧ください。
「キーボード ショートカット キーの一覧」
 http://www.microsoft.com/japan/enable/products/keyboard/default.mspx

追記
 2012.01.13
  ショートカットキーの割当は、ショートカットがデスクトップに無いと効かないです。
  また、割り当てられるキーは、Ctrl + Alt 以外にも、F??やテンキ―も可能ですが、
  特定のキーの場合は無効にされてしまうこともあります。



【宣伝・・・(*´ω`)】

タイトルロゴ3

 システム葵では、個人様向けでも企業様向けでも、パソコン修理から、パソコン設定、パソコンの使い方、LAN環境構築、ソフトウェア開発まで、様々な実績がありますので、困ったことがあれば、お気軽にご相談下さい。
関連記事

テーマ : パソコン
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
プロフィール

ITLife

Author:ITLife
システム葵新井聡太です。
東京都東村山市に生まれ、ここで育ち、ここで結婚し、システムエンジニア一筋で十数年やってきました。
ここでは主に、パソコンを中心にITに関わることを備忘録として残していきたいと思います。
少しでも来ていただいた方のお役に立てたら幸いです。
m(_ _)m

p.s
ここで紹介している内容は一例です。すべては、自己責任でお願いします。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
訪問数
月別アーカイブ
リンク