FC2ブログ

第1回 Windows7/64bit+仮想マシン(VirtualPC)+Ubuntu11.10

今回は、タイトル通り、「Windows7/64bit + 仮想マシン(VirtualPC) + Ubuntu11.10」です。

2012_02_17_14.jpg

こんなのです↑


Ubuntu11.10のCDを作って、USB起動も作ったら、なぜかUSBは失敗、、、
また母艦をUbuntuで占領されるのは嫌なので、VirtualPCに作ってしまえば!
というわけで、やってみたものの、なぜか失敗、、、
ようやく解決したので、備忘録として残しておきます。

ちなみに仮想マシンについては、こちらを見て下さい。
Ubuntuについては、こちらを見て下さい。
要は、フリーOS「Ubuntu」をCDやUSBメモリに入れておいて、いざという時に備えよう!
という試みです。


1.Ubuntu11.10のCDを作る!

Ubuntu11.10のisoイメージを、こちらからダウンロードして、CDに適当に焼いて下さい。


2.VirtualPCをインストールする!

~割愛~
はい!出来ました!

3.VirtualPC環境を作る!

ここも、ちょー簡単です。
最初に、ベースとなる仮想PCを作ります。

001.jpg
仮想マシンの作成」をクリックする。

002.jpg
仮想マシンを作成する「名前」と「場所」を指定します。⇒次へ
(何でも構いません。)

003.jpg
当然「はい」です。

004.jpg
メモリ」を指定します。⇒次へ
(物理メモリを食いますので、無理のない範囲で指定しましょう!)

005.jpg
容量可変の拡張ハードディスク」の名前と場所を指定します。⇒作成
(既にある方は、既存の仮想ハードディスクでも構いません。)

006.jpg
出来ました!⇒右クリックで設定を開く

007.jpg
先に準備したUbuntuのisoイメージ、あるいはCDの場所を指定しておきます。
(これが無いと始まらない、、、)

008-2.jpg
ネットワークアダプターは、「共有ネットワーク(NAT)」と物理ネットワークの2つを指定すれば十分かと思います。私の場合、無線なので、「Broadcom…」を選びました。
これで、準備は完了です!


4.いよいよUbuntu11.10のインストール開始!

009.jpg
まずは普通に、仮想マシンをダブルクリックして起動します。

010.jpg
メニューが表示されたら、「インストールせずにUbuntuを試してみる」のままで「Enter」

011.jpg
すると、起動が始まります、、、が!

012.jpg
緑色の画面になって、落ちます。
何べんやっても落ちます。
最初の一回だけデスクトップが表示されたのは、幻だったかと思えるくらいに失敗します。

012-2.jpg
とりあえず、タスクマネージャ~、プロセス「VPC.exe」を終了します。

長くなったので、続きは次回へ、、、
(-。-)y-゜゜゜



【宣伝・・・(*´ω`)】

タイトルロゴ3

 システム葵では、個人様向けでも企業様向けでも、パソコン修理から、パソコン設定、パソコンの使い方、LAN環境構築、ソフトウェア開発まで、様々な実績がありますので、困ったことがあれば、お気軽にご相談下さい。
関連記事

テーマ : パソコン
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
プロフィール

ITLife

Author:ITLife
システム葵新井聡太です。
東京都東村山市に生まれ、ここで育ち、ここで結婚し、システムエンジニア一筋で十数年やってきました。
ここでは主に、パソコンを中心にITに関わることを備忘録として残していきたいと思います。
少しでも来ていただいた方のお役に立てたら幸いです。
m(_ _)m

p.s
ここで紹介している内容は一例です。すべては、自己責任でお願いします。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
訪問数
月別アーカイブ
リンク