FC2ブログ

第2回 Windows7/64bit+仮想マシン(VirtualPC)+Ubuntu11.10

前回の続きです。


起動時オプションの変更が必要!

起動時に、「F6」を連打し、メニューが出たら[ESC」を押します。
すると、下の方に起動時オプションが表示されるので、末尾を次のように書き換えます。

2012_02_17_15.jpg
変更前:"quiet splash --"

2012_02_17_16.jpg
変更後:"vga=791 noreplace-paravirt"

017-2
すると、起動します!
これは、解像度の問題らしいです。でもこれで終わりではありません!
このあと、インストールし、設定を保存しないと、また元の木阿弥、、、


いよいよ、お待ちかね、Ubuntu11.10のインストール!

017-2
まずは、デスクトップ「Ubuntu 11.10のインストール」をクリック!

2012_02_17_20.jpg
言語は、「日本語」のまま ⇒ 続ける

2012_02_17_21.jpg
インターネット接続環境なら、次のオプションもチェック(どちらでも構いません)します ⇒ 続ける
インストール中にアップデートをインストールする
サードパーティーのソフトウェアをインストールする

2012_02_17_22.jpg
仮想マシンにインストールするので、「ディスクを削除してUbuntuをインストール」をのまま ⇒ 続ける
※.すでにインストール済のディスクを使用した場合、ここで、「Windows〇〇がインストールされていますが」的な警告メッセージも出ます。

2012_02_17_23.jpg
ここまで来たら「インストール」 ⇒ 続ける

2012_02_17_24.jpg
もう1回「インストール」 ⇒ 続ける

2012_02_17_25.jpg
地域を選びます ⇒ 続ける

2012_02_17_26.jpg
キーボードレイアウトは、自分に合った環境で ⇒ 続ける

2012_02_17_27.jpg
次の項目を入力する ⇒ 続ける
・「あなたの名前
・「コンピュータの名前
・「ユーザ名」⇒ ログインするときの名前
・「パスワード」 ⇒ ログインするときのパスワード(忘れないで!)

2012_02_17_28.jpg
ここから、インストールが始まります。この設定で、大体30~40分位でした。

再起動しないで!!

2012_02_17_29.jpg
ようやくインストールが完了です!
でもここは、再起動せず、「使用を続ける」で続けます。
先に話した設定を保存するためです。



【宣伝・・・(*´ω`)】

タイトルロゴ3

 システム葵では、個人様向けでも企業様向けでも、パソコン修理から、パソコン設定、パソコンの使い方、LAN環境構築、ソフトウェア開発まで、様々な実績がありますので、困ったことがあれば、お気軽にご相談下さい。


ボリュームIDを確認しましょう!

2012_02_17_30.jpg
コンピュータのドライブ⇒右クリックでプロパティ表示

2012_02_17_31.jpg
プロパティ⇒アクセス権タブ表示

2012_02_17_32.jpg
赤枠で囲ってあるボリュームIDをメモして下さい。この後で使います。
この例の場合、「cac9aef4-005a-4f12-bc5a-2479976f6d2a」になります。

2012_02_17_33.jpg
端末」を開きます。
端末とは、WindowsでいうところのDos窓です。

2012_02_17_34.jpg
はじめての人は、デスクトップの「ダッシュボード」から、メディア関連ソフト(なんでもいいですが)を開きます。次に「タイプ」⇒「アクセサリー」の一番下の、「端末」をクリック!
(端末で検索でもいいです、、、っていうかこっちの方が早い、、、)

2012_02_17_35.jpg
端末」が起動します。


"端末"を使って、設定します(あと少し!)


やることだけ先に書きます。
1.インストール先のボリュームをマウントし、移動します。
  $ sudo mount -o bind /dev /media/"volume-id"/dev
  $ sudo chroot /media/"volume-id"/ /bin/bash
  # mount -t proc none /proc
  ※."volume-id"は、先程メモした値を入れます。
2.ファイル「/etc/default/grub」を編集します。
  ・「GRUB_HIDDEN_TIMEOUT 」を#でコメントアウト
  ・「GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT」の
   「quiet splash」を、「vga=791」に変更
3.ファイル「/etc/grub.d/10_linux」内の関数「linux_entry」を編集します。
  ・「args="$4" 」を「args="$4 noreplace-paravirt" 」に変更
4.編集内容を保存します。
  # update-grub

2012_02_17_36.jpg
実行した結果です。2度目なので、実行結果が1回目と若干異なりますが、まぁ気にしない(~_~;)
ちなみに赤枠が、入力した内容です。

2012_02_17_37.jpg
ファイル「/etc/default/grub」の編集結果(保存を忘れずに!)

2012_02_17_38.jpg
ファイル「/etc/grub.d/10_linux」の編集結果(保存を忘れずに!)


ここまで終われば、あとは再起動!

2012_02_17_39.jpg
こんな画面になって、、、

2012_02_17_40.jpg
こんな画面になって、、、

2012_02_17_41.jpg
無事にローダー(Grub)が立ち上がりました。大成功♪

2012_02_17_42.jpg
あとは、先に設定した内容でログインするだけ!

2012_02_17_43.jpg
デスクトップに無事に入れました。
めでたしめでたし♪


最後に
 今回は、いつも以上に長くなってしまいました。
 でも、こうしておけば、きっと誰かの(自分の)役に立つ!
 と信じて(-。-)y-゜゜゜
関連記事

テーマ : パソコン
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
プロフィール

ITLife

Author:ITLife
システム葵新井聡太です。
東京都東村山市に生まれ、ここで育ち、ここで結婚し、システムエンジニア一筋で十数年やってきました。
ここでは主に、パソコンを中心にITに関わることを備忘録として残していきたいと思います。
少しでも来ていただいた方のお役に立てたら幸いです。
m(_ _)m

p.s
ここで紹介している内容は一例です。すべては、自己責任でお願いします。

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
訪問数
月別アーカイブ
リンク